派遣社員クビ男が伝える派遣社員として仕事する5つのデメリット

私は正社員、派遣社員、アルバイト、日雇い労働、個人事業主と様々な雇用形態を経験してきました。

そして派遣社員で派遣社員をクビになった経験と派遣社員で問題無く働けた経験もあります。

その様々な雇用形態で働いてきた視点から見た派遣社員で働くにあたってのデメリットを実体験に基づいて書いていきます。

派遣社員として仕事するデメリット

1、ボーナス(賞与)や退職金が貰えない

派遣社員と正社員の待遇の一番気になるのがこのボーナスが貰えないということだと思います。

私も派遣社員の時、正社員がボーナスを貰っているところを見て羨ましく思った事があります。

そして退職金を基本的に貰えないのも派遣社員のデメリットと言えます。

派遣社員がお金を沢山貰うためには、スキルを磨いて時給を上げていくしか手段はないのです。

2、交通費を貰えない場合がある

これは私の経験上からは交通費は貰えていたので実体験ではありませんが、派遣社員は交通費を貰えないところは少し多くなっているそうです。

そのあたりは同じ派遣会社でも、派遣先の会社によって違う場合があるのでしっかりと派遣会社に交通費が出るかどうか?を確認する必要があります。

3、福利厚生などが受けれない場合がある

派遣社員は保険にも入れないと思っている人もいるかも知れませんが、

派遣社員でも厚生年金、健康保険、社会保険、労働保険、雇用保険などに加入できる場合があります。

もちろんその保険に入れない場合もあるので、派遣会社にしっかり福利厚生については話を聞く必要、調べておく必要があります。

私は健康保険と雇用保険には入れていました。

4、三年以上派遣社員として働けない(接触日)

派遣社員として三年以上働く事が出来ないという法律が最近出来てしまいました。

これは派遣社員をいじめる為の法律ではありません、守る為の法律なのです。

これを接触日といいます。

派遣社員を雇う会社側にこの派遣社員を三年以上働いて貰いたければ、正社員にしてくださいね!という法律なのです。

正社員になりたくて仕事も出来るタイプの方にはよい法律かもしれませんが、派遣社員として働いていきたい私のような人には迷惑な法律なのです。

正社員になれなければ、その会社を3年で自動的に契約解除になりまた派遣先の会社を探してまた仕事を覚えなければならないので、正社員に本気でなりたい人以外の人にはデメリットだと言えます。

5、派遣社員は仕事が出来なければ契約解除(クビ)になる

派遣社員は3ヶ月または6ヶ月単位で派遣先会社と契約を結んでいます。

派遣先会社が派遣社員が役に立たないと思ったら次の更新をしない(契約解除)選択をする事が出来るのです。

そして私はその契約解除(クビ)を言い渡された人間です。

派遣社員を採用する会社は派遣社員が仕事が出来なければ簡単にクビにする事が出来るのです。

これは契約上も法律上も問題のない事であり、仕方のない事なのです。

私の経験から言うと、ある程度努力してこの会社は自分に合わないと思ったら次の会社へシフトチェンジしていった方が良いと思います。

派遣社員は派遣先会社から契約解除出来ますが、こちらからも契約解除出来るのです。

その事を生かして自分に合った仕事、自分が良い!と思った職場を見つける事こそ派遣社員でうまくやっていけるコツだと私は思うのです。

派遣社員として働く上で重要なこと

時給が高い事や、福利厚生も重要だとは思いますが、派遣社員として働いていく上で重要だと思う事があります。

派遣会社は

「次の契約更新するのか?」

を派遣会社側から相談してくれてその決断を自分自身で決める事が出来る派遣会社で働いた方が良いと私は思うのです。

契約更新時にしっかりと相談してくれて、派遣先の会社は優良会社ばかりとホームページに書いている派遣会社があるので少し紹介しておきます。



こういう会社で働けば、

契約更新時しっかりと相談してくれて、自分が契約解除を決断したのであれば、

ちゃんと派遣会社は次の職場を探してくれるはずです。

私の働いていた派遣会社は私に相談もなしに

「更新しますね!」

と一方的に言われたのを今でも鮮明に覚えています。

働いていたら派遣会社は儲かるので長く働かせようという下心からでしょうが、全く働く者の心を読み取っていない派遣会社の元で働くと辛い思いをする可能性があるなです。

派遣社員は契約解除出来るという事を最大限に生かす

契約期間は3ヶ月か6ヶ月で派遣社員は働く事が出来、こちらからも、あちらからも契約解除が出来るのです。

まずは派遣先で頑張ってみて、仕事が合わなくてダメだなと思えば、次の会社を探す事も考慮しておけば、私のようにクビになり辛い思いをする可能性は減ると思います。

そして自分に合った職場が見つかれば、時給アップ、正社員への道への可能性が上がってきます。

不満たらたらでやっていたら、時給アップも不可能で、正社員との人間関係も最悪になる可能性がぐんと上がるのです。

人には向き不向きがあります。この会社で何がなんでも頑張るのだ!というプライドは捨てて、自分に合った職場を見つけるぞ!ぐらいの感覚でいったほうが、

派遣社員の特性をいかす事が出来て、上手くいくのではないか?と私は思うのです。

その為にも派遣会社は、

働く人の事を親身になって考えてくれるところを選択する事が重要だと私は思うのです。

派遣社員クビ男が伝える派遣社員として仕事する8つのメリット

派遣会社リクルートスタッフィングの口コミや評判をまとめました

派遣社員でのクビの恐怖、解雇決定後の会社で働く辛さを告白します



ブログ「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、派遣社員クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、ストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

ブログ「正直に書きます」トップページへ

トップページでは上記で書いた記事へのリンクがあります。