ニート、無職から脱出し社会復帰するためにオススメする9つの働き方

ニート、無職を長期間体験してしまうと、仕事をやり初めるのにもとても勇気がいってしまい、簡単に仕事に就いたとしても馴染めなくてすぐに辞めてしまう可能性もあります。

ニート、無職から脱出し社会復帰するためにオススメする9つの働き方について提案していきたいと思います。

ニート、無職から脱出し社会復帰するためにオススメする働き方

以下のリンクをクリックすると記事内ジャンプします(ページ内リンク)

1、自分の出来そうな事で正社員を目指す

2、毎日同じ人と働きたくない人オススメの働き方

3、特技、スキルを生かした働き方

4、人間関係をもちたくない人にオススメの働き方

5、人から指図を受けたくない人の働き方

6、特殊な能力や夢を持っている人にオススメの働き方

7、自分のスキルから正社員を目指す

8、これからも求人が伸びるスキルを身につけて正社員を目指す

9、仕事で辛い思いをしないように正社員になる

まとめ

 

1、アルバイトから正社員になる

私は正社員を辞めた後、何度か飲食関係のアルバイトはしましたがその正社員のほとんどはアルバイトから正社員になっている人が多かったです。

若い人ばかりでもなく結構年のいった人でも正社員になっている人もいました。

アルバイトが経験がなくても気軽に初められて、面接も受かり易いのがアルバイトです。

アルバイトから正社員になるには仕事がしっかり出来る事、第一条件ですが、正社員になるためにアルバイトからやり初めるのも一つの手段だと言えると思います。

2、フリーランスになる

プライドが高くてよけいな人間関係が嫌いで、スキルには自信があるなら会社から直接仕事を受け付けて仕事をするフリーランスになる選択肢も考えられます。

もちろん、これは何も仕事を体験していない人にはオススメ出来るものではなく、スキルには自信がなければ、成功出来るものではないですが、

会社のように毎日出勤して変わらない人間関係、上下関係にうんざりしているがスキルだけは自信がある!という人にオススメ出来る働き方です。



3、自分のやりたい事、得意な事を仕事にする(クラウドワークス)

自分のやりたい事、得意な事を仕事にするには収入の安定はしない仕事が多いですが、やりたくない仕事を嫌々やるよりかは、断然良いと私は思っています。

私もフリーライターとして登録しているクラウドワークスを利用すれば、個人間で仕事依頼と仕事の受注、金銭のやりとりを安全にやりとりする事ができます。

種類は様々で、文章や音楽やイラストやプログラミングスキルを生かせるものまで考えうる全ての仕事を自分自身でやりとりする事が出来る時代になったのです。

この仕事の良いところは、年齢や経歴等関係なく仕事依頼を受ける事が出来るところです。

私もフリーライターとして年齢も経歴も書いていない状態で登録していきなり仕事依頼が舞い込んできました。

初めはお金は多くは貰える仕事は出来ないとは思いますが、仕事をこなすうちにどんな仕事をこなしてきたかをプロフィールに記入していき、仕事提供者との信頼関係を築く事によって給料も増えていく働き方だと思います。


4、個人事業主でやりたい仕事をする(アフィリエイト)

まさに現在私がやっている仕事で自分の自由に出来るブログをもって広告収入(アフィリエイト)で生きていく方法です。

この方法もリスクは高い働き方ではありますが、誰からも怒られる事もなく、出勤する事もなく仕事が出来る働き方です。

私は音楽で生きていきたかったのですが、今までの正社員、派遣社員、アルバイトなど何度も仕事を変えてきた経験をいかしてこのブログを運営しています。

全て収入も自分の実力しだいなので絶対にオススメするとは言えませんが、何かネタになる事を沢山持っているのならニート脱出にはオススメ出来る働き方だと言えます。

職歴不要、年齢関係なく、誰でもインターネット環境があるのなら無料で出来る職業でじっくりやっていこうと考えているニートには最適だと考えています。

アフィリエイトで儲ける為にWordPressをオススメする理由



5、個人事業主としてお店を開く

自分で洋裁や物作りを一人で出来るのなら、インターネットで簡単にお店を開く事ができます。

それもインターネット環境さえあれば無料でする事ができます。

物理的な物だけではなく、音楽や小説、マニュアル本等が作成できれば、データ販売も個人で販売する事が出来る時代なのです。

この働き方もリスクはありますが、自分の才能で生きていく事ができればそれは素晴らしい事なのです。


6、インターネットで人気者になってお金を稼ぐ

今やタレントは事務所に入らなくても出来る時代になりました。

無料SNSやユーチューブやニコニコ動画、はてなブログ、アメーバブログ等を用いれば、タレント、小説作家、漫画作家、芸術家、音楽家、ありとあらゆる者になれる時代なのです。

もちろんその職業でお金を稼いで生きていくのは簡単ではありませんが、誰の未来にも可能性としてインターネットの世界はチャンスをくれているのです。

7、派遣社員から正社員へ狙いをつける

派遣社員から正社員になるには、やはりスキルと人間関係をしっかり保っていないと出来ない事ではあるのですが、正社員になれる可能性は昔よりかは上がっている事は確かです。

接触日という派遣社員は同じ会社で三年以上働いてはいけない、三年以上働かせたければ正社員として雇いなさい!という制度が出来たからなのです。

派遣社員として、その会社に辞めて欲しくはないと思わせる事ができれば、正社員の道は開けてくるのです。

派遣社員は3ヶ月か6ヶ月の契約期間がありクビになる可能性もありますが、裏を返せば色々な職種を体験して自分自身に合った仕事を見つける機会にする事もできます。

8、プログラミングスキルを身につけて就職しニート脱出する

余り仕事の経験もなくて、自分の得意とするスキルがない人にオススメ出来るニートからの脱出方法は、これから仕事の需要が伸び続ける事は確実視されているプログラミングスキルを身につけて就職するという手段です。

プログラミングは人間がやる仕事に変わってコンビニやロボット等色々な分野で自動化されていきこれからもプログラミング技術は仕事需要が伸び続ける事が考えられます。

もうプログラミング技術者の争奪戦は始まっているので、これらの技術を身につける事は就職活動において今後、有利になると言えるのです。

ニートから脱出するためにプログラミングスキルを学びたい理由

WebCampProで正社員を目指すメリット、デメリットと注意点

 

9、自分に合っている働き方、興味のある仕事を見つける(就職)

自分に合っている働き方、それさえ見つけられたら仕事は上手くいく可能性が高くなるのです。

私はほとんどが自分に合っていない仕事だった為、仕事が出来なかったので苦しい思いをしました。

仕事が自分に合っている仕事というのはそう簡単に見つかるものでもありませんが、自分に合っている、興味のある仕事ならお金などの待遇よりもその方面で見つける方が私は良いと思っています。

そして若ければ正社員になる選択肢は多くなります、正社員を目指すのであれば、少子化である現在では未経験でも若いということは武器になるのです。

29歳未満限定のニートから脱出して正社員へなる手段(就職エージェント)

自分で生活するお金を稼げたら無職、ニート脱出、社会復帰である

自分で生活するお金を稼げたらそれは無職、ニート脱出、社会復帰なのです。

就職しなければ社会復帰ではないと言うわけではないものと認識しています。

アフィリエイターでも、就職している人よりも膨大なお金を稼いでいる人もいるし、クラウドワークスで稼いでいる人も赤ちゃんを育てながら沢山稼いでいる人もいます。

何が何でも就職して働く生き方もあるでしょうが、本当にやりたい仕事をやってニート脱出、社会復帰出来たほうが今後の未来にとって良いに決まっているのです。

自分合った生き方を探せるように色々な働き方を今後も「正直に書きます」は発信していこうと考えています。

ニートが伝える無職、ニートの5つのメリット

半年アフィリエイトでブログ運営した感想と報告(ニート脱出計画)

ブログ「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、派遣社員クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、ストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

ブログ「正直に書きます」トップページへ

トップページでは上記で書いた記事へのリンクがあります。