転職を失敗した男が伝える仕事探しする前に注意しておきたい9つの事

私は転職を失敗し正社員、派遣社員、フリーター、日雇い労働、ニート、無職、個人事業主と数々の体験を重ねてきた男です。

転職を失敗したから伝えられる、転職する為に仕事探しをする前、ニートや無職を脱出するために仕事探しをする前に知っておきたい注意点を書いていきます。

就職や転職、仕事探しする前に注意しておきたい事

以下のリンクをクリックすると記事内ジャンプします(ページ内リンク)

1、仕事をする理由について

2、仕事探しで何を重視するのか?

3、職種を固定するのか?しないのか?

4、仕事探しにおいて一番重要な事

5、心の中に隠し持っていないか?

6、これから求人が伸びていく仕事

7、余裕を持ち、有利になる転職

8、年齢が30才未満か30才以上か?

9、ブラック企業回避するために

転職、仕事探しで失敗しない為に(方法)

リンクをクリックすると記事内ジャンプします(ページ内リンク↑)

1、自分が仕事をする理由をしっかり確認する

仕事をする理由を周りの意見ではなく自分自身で再認識する必要があると私は思います。

ただ周りに流されてなんとなく就職、転職するでは、私のように就職、転職に失敗する可能性があるのです。

何が何でも結婚したい、世間体が第一、自分の夢を実現したい、金が第一など、

自分の中でこの理由で就職、正社員を目指す、アルバイトをするなどしっかりした理由があれば、仕事や仕事探しに気合いが入りますし、

また仕事を辞める事があっても失敗からの教訓をふまえた次の選択を考える事も出来るので、

自分が仕事をする理由や意味を明確にしておく事は大事なのです。

2、お金を稼ぐための仕事探しか?仕事内容を重視するのか?選択する

転職していきなり、自分の好きな仕事で、お金を沢山稼いで結婚する事は容易な事ではありません。

本当に好きな仕事で就職し成功する人もいるとは思いますが

自分の好きな仕事をしたいのであれば、安定した給料を貰う事や結婚する事が出来ない事もあるかも知れないのです。

結婚する事、安定した職業に就きたいのであれば仕事内容はある程度我慢する必要が出てくる可能性はあります。

自分の好きな仕事で大成功を収めれば、莫大なお金と結婚も視野に入れる事も出来ますが、私のようにニート、無職同然の生き方を体験する事も考えられるのです。

お金か仕事内容か?究極の選択をどちらにするのか?

をしっかり自分の中で把握しておかなければ、中途半端な仕事を選んでしまい後々後悔してしまう可能性が高くなるのです。

3、自分の狙う仕事のスキル、職種を固定していた方がよい

就職して正社員になることはお金を貰えると同時に自分の仕事スキルをアップさせる事が出来る機会でもあるのです。

そしてその職種で仕事した実績はステータスとして一生自分の強みになるのです。

もし何かしらその会社に問題があって辞めたい時にも、あなたがその会社で身につけていたスキルは今後の転職、仕事探しに十分生かせるのです。

私の場合正社員を辞めてかなりのブランクがあってから派遣社員になりましたが、正社員の技術を生かせる仕事での派遣社員は落ちた事はありませんが、

逆に自分の技術を持っていない接客業などのアルバイトの仕事はかなりの確率で落ちた経験を持っています。

自分の強みまたは興味のある職種をしっかりと考えて固定する事により、その仕事でのスキルアップも図れて給料アップ、転職の内定率アップする可能性が上がるのです。

4、自分のやっていた仕事は自分に合っているのか?

職種を固定していたほうが後々、就職、転職には有利になるとは思いますが、その職種が自分に合っていなければ仕事で辛い思いをするかもしれません。

私の場合、技術職だったので作業責任者の指導でみんなで作業するより、ある程度簡単な仕事を一人で任せられて自分自身で仕事をこなす職種のほうが私に合っていました。

さんざんこのブログで仕事でつらい思いをした体験談を書いてきたので省略致しますが、仕事が出来ないと仕事で辛い思いをする確率が上がってくるのです。

自分がやっていた仕事が自分に合っていなくて苦しい思いをして辞めた時には、少しリスクはありますが職種を変えた方が良い場合もあるのです。

5、心の中に本当にやりたい仕事や夢を隠し持っていないか?

どんなに仕事ができたとしても自分の中に本当にやりたい夢があるのなら、仕事が楽しくなくなり、仕事が嫌になってしまう可能性も高くなります。

今までしていた仕事を辞めて転職してしまえば、

やりたくない仕事をしていた分だけ無駄に年をとってしまい、今まで頑張って覚えてきた仕事のスキルも全て無駄になる可能性が高くなってしまいます。

もちろん私もそのパターンなのです。

本当にやりたい仕事があるのなら、リスクを負って勝負に出るのか、リスクを追わず夢を趣味に留めておくのか?を早いうちから考えて決断しておいたほうが良いのです。

6、職種を変えるのなら求人が伸びていく仕事を考える(プログラミング)

職種を変えたいけど思い当たる職種がない人は、これからも仕事の求人が伸びていくと考えられる仕事を選択するのをおすすめします。

これから伸びていく仕事の一つとしてプログラミング(IT技術者)だと私は思います。

現在では、プログラミング技術者の不足によりプログラミング技術者(IT技術者)争奪戦が起こっているとも言われてきます。

だからといって自分に合っていない理数系から文系、文系から理数系に変更するのは止めた方が賢明です。

プログラミングスキルを初心者として少し学んだ者からして、プログラミングの仕事をおすすめ出来る人は数学が得意で一人で黙々と仕事が出来る人だと私は思います。

その他にも求人が伸びていく仕事は英語なども考えられられますが、

最終的には自分に仕事が合って興味のある仕事を選択する事をオススメ致します。

ニートから脱出するためにプログラミングスキルを学びたい理由

WebCampProで正社員を目指すメリット、デメリットと注意点

7、現在正社員として働いているのか?ニート、無職からの脱出なのか?

転職を考えている人で、現在働いているのなら、働いているまま転職先を探すほうがある程度有利に転職先を探せると思います。

仕事にブランクがあるというのは、必ず会社側から何していたの?と面接官から突っ込まれます。

私も何度となく言われた実績を持っています。

働きながらの仕事探しは金銭的にも気持ち的にも余裕を持って仕事を探せるのです。

だからといって、必ずしも働いたまま仕事を探すのが良い訳ではありません。

仕事で過度のストレスを溜めていたり、自分の職種や働き方をじっくり考えてみたい時には、仕事を辞めてから自分の未来についてじっくり考えた方が良い事もあるのです。

会社を辞めるという事は一時的にもニート、無職になるという事ですが、ニート、無職は嫌な事も多いですがメリットもあるのです。

ニートが伝える無職、ニートの5つのメリット

8、年齢が30才未満か30才以上か?で転職、仕事探しの戦略は変わる

年齢が30才未満であるのなら、仕事や職種の未経験でもいきなり正社員になる可能性は少し高くなります。

現在では少子化と3年以内に会社を辞める人が多くなり、若い社員が少なくなっている事により若い人を会社に入れたいという会社側の心理が強くなっているからです。

なのでこの頃このような、

20代に特化した就職・転職サービス【第二新卒エージェントneo】


未経験の仕事や、学校を卒業して仕事を全く経験していない人でも正社員になる手助けしてくれる会社が多くなっているように思います。

特にこの第二新卒エージェントneoは企業を実際に訪問してブラック企業を除外している就職エージェントです。

30才になるとこのような会社を利用して正社員チャンスはなくなるので、転職するための選択肢は少し減ってしまうことになります。

29歳未満限定のニートから脱出して正社員へなる手段(就職エージェント)

9、転職先の仕事内容は正しいか?、ブラック企業ではなのか?確認する

仕事内容が自分の思っていたのと全然違ったりブラック企業に就職してしまっては後悔してしまう事は間違いありません。

就職したい会社の下調べは、検索サイトを利用して、社名と口コミや評価等を書き込んで検索する事をオススメ致します。

あと下記にあるような完全無料で利用出来る就職エージェントなども利用すると


就職先の仕事内容や社風の事、就職する内定をもらうためのサポートを受ける事が出来るので便利ですが、

やはり就職エージェントを利用したとしても検索サイトで就職先をしっかりと自分で調べる事をオススメ致します。

転職、仕事探し、ニート脱出に後悔しない、失敗しない為に(方法)

転職、仕事探し、ニート脱出に後悔しない為には自分自身で自分の仕事する理由、本当にやりたい仕事などを認識する事が大切だと思います。

でもそんなことは悩んだからといってそんな簡単には決定する事は出来ません。

仕事をしているうちに仕事をする理由や本当にやりたい仕事は変わっていく可能性もあるのです。

私も高校生から就職先で働いていた時と、今とでは全く仕事に対する考え方は違います。

仕事をする理由や本当にやりたい仕事などを見つける為にも色々な情報や自分の仕事経験、先人達の失敗例を知る事で助けになるかも知れません。

私がこのブログ「正直に書きます」で私の仕事での失敗体験談(会社辞める、クビなど)の記事を書いています。

私を踏み台にして皆様は自分にとって一番良い働き方、天職を見つける事を願っております。

そして就職して正社員になることは自分に合っている仕事であればとても良いとは思いますが、正社員になる事だけが正しい道ではありません。

派遣社員やアルバイト、日雇い労働、個人事業主やフリーランスでも、仕事で幸せに生きる道もあるはずなのです。

そんな数ある働き方についても「正直に書きます」は書いていきたいと考えています。

私の人生を振り返ってみます(いじめ、会社辞める、ニート、引きこもり)

私の人生を振り返ってみます(ニート、派遣社員、パワハラ、クビ)

ニート、無職から脱出し社会復帰するためにオススメする9つの働き方

ブログ「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、派遣社員クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、ストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

ブログ「正直に書きます」トップページへ

トップページでは上記で書いた記事へのリンクがあります。