デューダdodaで転職する5つの強み、メリット(就職エージェント)

デューダ(doda)は年間18000人以上の転職成功のサポート実績がある、就職エージェントです。

そのデューダdodaを利用して転職する5つの強み、メリットを書いていきます。

デューダdodaで転職、正社員になるメリット(就職エージェント)

まず最初にデューダを運営している会社について、

そしてデューダを利用して転職する5つのメリット

最後に就職エージェントのデメリットや注意点、対策について書きます。

デューダ(doda)を運営しているパーソルキャリア株式会社について

・資本金1,127百万円
・従業員数、4,490名(2018年3月時点)
・創業60年以上
・全国主要都市30拠点を持つ
・主に人材紹介サービスなどをしている会社です。

そしてパーソルキャリア株式会社が運営しているデューダ(doda)では

年間18000人以上の転職成功のサポートの実績があります

1、2人の役割を持った担当者がサポートしてくれる

デューダでは

求人の紹介、応募書類や面接のアドバイスをしてくれるキャリアアドバイザーと

担当企業(自分の志望する会社)の求めている人物像を把握している採用プロジェクト担当

と2人の役割を持った担当者がサポートしてくれるので、安心して質問、相談する事ができます。

いくら何でも一人で求人企業の全ての情報を把握する事は不可能でしょう。

デューダでは求人企業1社ごとに1名が担当しているのです。

2、採用プロジェクト担当に志望企業の詳しい情報を聞き出せる

上記で述べた採用プロジェクト担当は、担当企業の求める人物像を把握しているので、

自分が志望している企業の人事担当者と同じ目線の情報を聞くことが出来るのです。

特にこの採用プロジェクト担当からの情報は、インターネットやアプリでのみで取得できる求人情報では取得する事の出来ない情報なのです。

どこまで情報開示してくれるのか?は企業によって違うとは思いますが、会社の詳しい仕事内容や、履歴書、面接などその企業に合わせた対策が出来るのです。

3、書類応募の際に選考通過の後押ししてくれる

企業へのエントリーの際は、一枚の職務経歴書、履歴書から多数の企業へのエントリーが出来る為、一枚、一枚、企業ごとに履歴書を書かなくて済みます。

そして履歴書、書類などでは伝わらない人柄や志向を企業に伝え、選考通過を後押しする

とデューダのホームページでも記載しているように書類選考が通るようにサポートしてくれます。

4、求人の数、非公開求人の数がトップクラス

求人の数は約8万件とトップクラスであり、沢山の会社の選択肢を提示してくれるので選択肢には困りません。

そして非公開求人は八割から九割を占めており、

インターネット広告やアプリでは入手できない求人情報を条件に合えば入手する事ができるのです。

5、キャリアカウンセリングは電話相談でもできる

doda(デューダ)では以下の場所でキャリアカウンセリングを受ける事が出来ます。

札幌・仙台・東京・横浜・名古屋・大阪・広島・福岡

直接この場所へ行けない場合は電話やメールで相談できます。

電話相談については他の色々な就職エージェントを調べてきましたが、

直接カウンセリングを実施している支店へ行かなくては相談出来ないところがあるのでデューダはそれと比べると便利なのです。

そしてこれらの全てのサービスを無料で受ける事ができます。

口コミから考察する就職エージェントのデメリットや注意点について

デューダ(doda)のデメリットではありませんが、就職エージェント全体に言えるデメリットや注意点として一つ言える事は、

基本的に年齢や自分自身のスキルや経歴によって受けられる企業は絞られてくるので、

もし自分の志望する企業がなかったらどこまで条件を下げる事が出来るのか?

もしくは志望する企業がなければ諦めるのか?

をしっかりと考えてから就職エージェントを利用して、自分の意図しない企業に就職してしまわないように注意する事が重要だと私は思います。

その事についてこちらで詳しく書いています↓

就職エージェントで転職するメリット、デメリットと注意点

就職、転職して正社員で働く11のメリット

29歳未満限定のニートから脱出して正社員へなる手段(就職エージェント)


ブログ「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、就職や転職についてやストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

ブログ「正直に書きます」トップページへ

トップページではこれらの記事へのリンクがあります