ニートがオススメするスマホゲーム(無料)

お金がある人ならどんなスマホゲームをしても快適に進める事が出来て、強い立場を維持出来てゲームも楽しくなるであろう。

だがニートや働いていない学生なら有料のアイテムを買う事が満足に出来ずにお金を湯水のようにゲームに注ぎ込むゲーマーに不満を溜めてしまい、ゲームが面白くなくなってくるのである。

今回はゲームにお金をほとんど使えないニートの視点から見たニートがオススメする3つのスマホゲームの紹介を良い点と悪い点を含めて正直に書いていきます。

 

ニートがオススメするスマホゲーム

無課金者でも重課金者に勝てるカードゲーム、シャードーバース

私が無料スマホゲームをやってきた中で一番無課金者に優しいと思ったカードゲームです。

このゲームはプレイする種族を出来るだけ固定すれば重課金者と同じような条件で戦う事ができるのです。その理由を4つに分けて説明していきます。

取得したカードは全て無駄にならない

シャードーバースでは取得したカードは全てレッドエーテルに分解でき、自分の欲しいカードに変換する事が出来るのです。

使いものにならない全てカードは、シャードーバースで存在する全てカードの材料にする事が出来るので自分が欲しいカードを確実に手に入れる事が出来ます。

このシステムにより、やりたいと思っているデッキも比較的簡単に作る事ができるのです。

(デッキとは沢山のカードの中から指定枚数のカードを選んでひとまとめにしたもの)

このシステムがなければ、私はこのゲームを長く続ける事はなかったでしょう。

毎日更新されるミッションが簡単で苦痛ではない

毎日更新されるミッションは対人での戦うと報酬を貰えるミッションが多く楽しめながらミッションを遂行出来て、苦痛にはならずにカードを集める事ができます。

1日のミッションを全て実行すればだいたい1日に1パック(八枚)のカードを購入できます。

まだやり始めたばかりでカードが揃っていなければ、対人はキツいのでソロプレイミッションのみで報酬を貰える設定にすれば大丈夫です。(ミッションのページで右上に設定ボタンがあります)

他にも沢山カードを入手できる方法がある

その他にもカードを入手出来る方法が沢山あります、毎日ログインする事、メインストーリーを進める事、レベルを上げる事、アリーナで戦う事などをまめに実行していれば、重課金者と同じようなデッキを一つは作る事が出来るはずです。

デッキについては、gamewithのアンリミテッドの最新の最強デッキを参考にして作っていけばだいたいは勝てるデッキを作れると思います。

ローテーションデッキはコロコロ最強デッキが変わっていくのでやめた方が良いです。

デッキを絞れば、ガチ重課金者に対抗できる

全てのカードを集めるのは無課金者なら無理ですが、強いデッキ一つに絞れば重課金者と同等のデッキ作成は可能になります。

私は昔一回(千円以下)だけ課金はした事はあるが、この頃開催されたグランプリで決勝ラウンドまで勝ち進んだ事があります。(この頃新しく実装されたゲーム内で大会に参加できる機能)

大した事ないように思うかも知れませんが、ランク分けされていないガチの重課金者が沢山いる対戦でこんな結果を残せるようなゲームは私は初めてです。

綺麗なグラフィックと個性豊かなキャラクター

綺麗なグラフィックと個性豊かなキャラクターとフルボイスもシャードーバースの魅力の一つです、挨拶をしたり威嚇をしたりするような言葉を発する事も出来て相手とのやり取りでも楽しめます。

iPhone版(apple Store)

Android版(Google play)

これまでの建国系ストラテジーを改善したゲーム、クリユニ

これまでに建国系ストラテジーゲームを沢山やってきましたが私の中ではクリスタルオブリユニオンというゲーム、これが一番でした。

今まで建国系ストラテジーゲームで体験した問題点を改善しているゲームだと私は思います。

そう思う理由を5つに分けて説明致します。

フィールド上のモンスターを兵士がいなくても倒す事ができる

これまでのストラテジーゲームは大半、兵士がいなければモンスターを倒す事が出来ませんでした。

リアルお金を使えない為、いつも兵士をあまり雇わず内政系の国にしている私にしてみれば城の外にいるモンスターを倒す事はあまりなかったのですが、このゲームは英雄のみがモンスターを倒しにいきます。

英雄はモンスターと戦っても死ぬ事も兵士が減る事も無く、モンスターを倒す事が出来なくても経験値とアイテムを貰えるシステムなのです。

モンスターから貰える戦利品の種類の豊富さ

モンスターを倒した時、戦利品が同じ物でそれを大量に集めるようなゲームではありません。レアな戦利品やいらない戦利品もあり自分欲しかった戦利品が出ると嬉しくなります。

様々な効果を持った武器や防具があることもクリユニの特徴で、どのような戦略でどのような武器を製作するか決めるのもクリスタルオブリユニオンの楽しいところです。

国のレベルが低くても同盟に貢献出来る

英雄がモンスターを倒す際に同じ同盟に所属するプレイヤーといっしょに攻撃すると、そのモンスターに攻撃する全ての同盟員の攻撃力が上がっていきます、なので国レベル1の人でも十分に同盟に貢献する事ができます。

同盟に入ると沢山の報酬を貰えるので同盟に入る事をオススメ致します。

同盟間でのイベントや個人のイベントが豊富

戦争や内政、モンスターの狩りなどイベントが豊富で結構楽しめます。

特に個人間のイベントは国のレベルごとに分けて競争するので、比較的に上位に入り易く初心者でも追加報酬を受けやすくなってます。

自分が指定した時間にバリアを毎日8時間張れる

自分が寝ている時間に攻められては対処出来ません、他のゲームでは寝ている間に攻められたくなかったら有料バリアを買えよ的なゲームが多かったが、このクリユニは違います。

クリスタルオブリユニオンでは毎日8時間の間バリアを張る予約を設定する事が出来ます。これで寝ている時に攻められる事は少なくてすむのです。

1日間張れるバリアも無料で沢山貰えるので、注意さえしていれば大量の資産を奪略される確率も下げる事が出来るのです。

まとめ、注意点

まず、重課金者には1対1では絶対に勝てないことを申し上げておきます。でも同盟に参加すればほとんど攻められなくなりますし、それ以外のシステムについても初心者でも楽しめる内容であると思います。

この手のゲームでよくあったバグなども起きる事もなく、画像を最低レベルにしておけばそれほどストレスを受ける事なく遊べる事が出来ると思います。

iPhone版(apple Store)

Android版(Google play)

このゲームシステムは気に入りました!競馬ゲーム、ダビパク

ダービーインパクトというゲームをやってみたところ、正直あまり期待してはいなかったのですが、全国プレイヤーが作った馬と対戦できるVSレースとリアル競馬も楽しめる予想システムが結構面白かったので正直に書いてみます。

馬のピーク状態で20レース走らせる事が出来るVSレース

ダービーインパクトはNPCと戦うオフラインレースと全国のプレイヤーと戦うVSレースがありますが、その対戦出来るVSレースに最高の状態の馬を登録すれば、あとは20試合無期限でリアルタイムで五分ごとに開かれるVSレースに最高の状態のままで20レース参加させる事ができます。

配合させて生まれた馬を最高の状態に仕上げ、オープン戦を勝ちさえすればVSレースに6頭まで登録出来るので、一発すごい馬を生産してしまえば有料のコインを沢山獲得出来るチャンスも生まれてくるのです。

 

リアル競馬の予想で高レベルの種牡馬獲得のチャンスもあります

このアイデアも素晴らしいと思った。リアル競馬の予想をして当たればアイテムを貰えるシステムである。

もっと良いアイテムを貰うには多くのリアル競馬予想を当てなければいけないのだが、このシステムは面白い!、

右下の街を選択して予想チャレンジを選択すればリアルで行われるG1などの予想をする事が出来、一つでも当てる事ができればアイテムを貰えるし、ランキング上位になれば高レベルの種牡馬獲得のチャンスもあります。

次行われるリアル競馬の馬の写真付きの情報を見る事が出来るのでリアル競馬予想の参考にもなります。

まとめと注意点

やはりこのゲームも重課金者の方が断然有利であるが、生まれてくる馬は組み合わせによって親以上の馬が生まれる可能性もあるので重課金者を倒せる可能性もあるのである。

このゲームは一頭でも爆発している馬を生産出来れば良いので、どの馬に集中して蜂蜜と温泉を使うのかがカギになると思います。(蜂蜜と温泉は有料アイテムでミッションをこなしても貰える強力アイテム)

毎日やってるとSS級の最強種牡馬を貰えるようになるので徐々に牧場は強い馬を生産出来るようになってくるはずです。

このダビパクはシステムが面白いので、このゲームについてはまた詳しく書きたいと思っています。

iPhone版(apple Store)

Android版(Google play)

ニートがオススメするRPGスマホゲーム(無課金)

ニートがスマホゲームをやって感じる六つのニートあるある

BIGLOBEの格安モバイルスマホを私も買いました

「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、派遣社員クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、ストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

あとゲームやコンテンツの正直な評価を書いてます。

ブログ「正直に書きます」トップページへ

トップページでは上記で書いた記事へのリンクがあります