派遣社員でのクビの恐怖、解雇決定後の会社で働く辛さを告白します

私は派遣社員をクビになった男です、派遣社員と言えども、もちろんクビは苦しく辛いのです。

まずは契約更新時のプレッシャーをかけてくる派遣会社について書いています。

そして自分がクビになった経緯、そしてクビと宣告された後の辛い仕事の経験を告白していきたいと思います。

そして最後では正直な自分の気持ちを書いています。

派遣社員でのクビの恐怖、解雇決定後の会社で働く辛い実体験

1、仕事が出来ないとクビになる派遣社員

派遣社員は仕事が出来ないと契約解除、すなわちクビを言い渡される立場にある。これは契約上仕方のないことなのです。

だから仕事が出来ないと、職場によってはクビを言い渡されて、クビ宣告後も契約上辞める訳にもいかないので惨めな思いを体験させられるかも知れないのだ。

私は二回派遣社員として働いているので、仕事が自分と合っていて上手くいっていたA会社、仕事が自分と合っていなくてクビを言い渡されたB会社として実体験を書いていきたいと思います。

2、契約更新時にプレッシャーをかけてくる派遣会社

これはA会社にて、私と同期で派遣社員として働いていた男の話である。

派遣社員は契約更新によって今後働けるかどうかが決定するのである。

そしてA会社では契約更新が近づいてくると3ヶ月更新か、6ヶ月更新かを選択する用紙が届く事になるのだが、その男は6ヶ月を選択してその用紙を提出したのである。

その結果、6ヶ月更新を断られて、その男は3ヶ月更新しか出来ない事を派遣元会社から言い渡される事となったのだ。

この男は年上である私を呼び捨てにする男だったのだが、その男は直属上司から命令された事に対して素直に従わずに文句を言って仕事を遅らせていたし、遅刻もして直属の上司を困らせていた男だった。

6ヶ月を断られて、3ヶ月更新しか出来ないという決定は、直属の上司からのそのままの態度だともう契約更新も出来ないようになるよ!という警告のようなものなのだ。

こうやってプレッシャーをかけてくる場合もあるのだなと私は思い知らされた。もちろんこれは契約上問題ないことであり、仕方のないことなのです。

この派遣先会社からプレッシャーをその男は不満に思って、

「6ヶ月更新を断られて3ヶ月しか更新できなかった!」

と私に相談してきたのを覚えている。私は何かアドバイスはあったのだが、どうせ私の事をいつも呼び捨てにして、完全に舐めている私の言う事は聞かないだろうと何も言わなかったのも覚えている。

私は後輩、年下に舐められる男なのだ。

3、初めから仕事に完璧を求められる派遣社員

クビを宣告される事になる、B会社に派遣社員として働いていた時の話である。

「派遣社員はこの会社を助ける為に来ているのだから」

と何度言われただろう、何かを教えて貰う時にもいちいち

「こんなものも知らないのか!」

と叱られて、教えて貰うのが普通だったし何か文句を言うことがなくなると、

「仕事が遅い!」

が定番で怒鳴りつけられるB会社。

派遣社員とは派遣先会社の助けになるためある程度技術を持った人が派遣元会社から派遣される訳である。

いちいち筋を通して怒ってくる正社員に対して、派遣社員の私は頑張って仕事を覚えていくしかないのである。

私は上司に認められるように当時は頑張っていたが、やはりこの会社の正社員はおかしかった、仕事を教えて貰うだけでもあんなに怒鳴りつける必要があるのか?と今になって冷静に考えてみると怒りが込み上げてくるのである。

でも上司は反論しようのない言葉で筋を通して怒ってくるので、当時の私は自分が仕事が出来ないから駄目なのだと完璧に仕事が出来るように必死で頑張ったのだ。

4、常に契約解除(解雇宣告)される恐怖と戦う日々

私ははっきり言ってここの正社員は嫌いだったし、仕事もあっていなかったし、仕事でミスもする事もあったので派遣社員を辞めたいとも思ったのです。

でも私はクビを宣告されて派遣社員を辞めさせられるのは嫌だった、認められず必要とされずにクビになるのは我慢ならなかったのです。

だから何でもかんでも怒鳴りつける正社員にも、嫌な顔一つ出さずに対応し続けたのです。

どうやらその成果がでたのである。クビにするかしないのか?を決める会議でNo.2の上司が

「もう少し様子を見よう」

という風な事を言ったらしいのだ。その事によって私は派遣社員を3ヶ月契約更新する事が出来たのである。

それを上司から聞かされたとき、私はギリギリでクビを回避した現実を知り、今まで以上にクビになるかも知れないと恐怖を感じながら仕事をする事になったのである。

この3ヶ月の契約更新は後にもっと私の心をズタズタにする事となったのである。

5、クビを宣告されてからも仕事を続ける辛さと惨めさ

私はわからない事を聞きに行くだけで上司から怒鳴られるので、出来るだけ自分で考えるように、大事な所だけを上司に聞くようにしていました。

なので聞かなければいけない事を後回しにして、こうかな?と思うことをメモ書きにして残していたものを、その直属上司に見られたのです。

そしてそのメモの内容は間違えていたので、上司にまた怒鳴られる事となったのです。

それがキッカケで私はクビを上司から直接伝えられる事となったのです。

クビを宣告された時、初めはショックだったのだが、この職場から解放されるのだという嬉しさも少しあったと思います。

それと私がクビになる事は決定したのだから、上司は私に対して厳しくする必要はなくなるのだろうと安易な考えでいたのです。

どうやらその考えは甘かったのだ。

優しくなるような事はなく、上司は私を同じように怒鳴りつけるのである、それどころか、前よりも激しい怒りで私を追い込むようになっていったのだ。

私はその理由をこの時、理解してはいなかった。

最後の1ヶ月ほどのクビ決定した後の仕事は地獄のようでした。派遣社員仲間が私がクビであることを知って、私を気遣う様子を見るのはとても惨めでつらかった。

即ち、私がクビになった男、仕事が出来ない男という事を、周りの派遣社員も正社員も知られていた訳なのだ。これを認識するだけでもとても惨めな思いになるのです。

そんな事を知ってか知らずか、上司はたたみかけるように仕事で怒鳴り声をあげて、お前は役に立たないという事を言い続ける訳なのだ。

クビを宣告された後の1ヶ月間、この上司達の私への酷い対応で、この人達への怒りは最高潮に達していた。

だが、いつもどうり「本当にお世話になりました」

と怒りをこらえながら笑顔で最後の挨拶を終えて、私はクビになったのである。

6、職場いじめ、パワハラとは断定出来ない、でも正直に書きます。

私は派遣社員としての役割を果たせなかったかも知れない、筋を通して怒鳴られた為、職場いじめやパワハラだとは断定は出来ない。でも私の本心を正直に書かせて頂く。

「あなたは人間の心を持っているのか?」

と、この派遣先会社の上司に言いたい。

初めは私を立派に育てる為に厳しい事を言っているのだと私は思っていたが、クビが決定してからの態度を見てわたしはこう思った。

この人達は部下を馬鹿にして、ただ相手を苦しませて楽しんでいるような冷酷な人間にしか見えなかったのです。

この上司が冷酷だと思ったもう一つの大きな理由があるのだが、自分の推測であり、少し書けない内容なので止めておこうと思います。

職場いじめとパワハラのその原因と対策(体験談)

派遣社員は仕事ができないとパワハラを受ける理由

私の人生を振り返ってみます(ニート、派遣社員、パワハラ、クビ)


このブログ「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、派遣社員クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、ストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

あとゲームやコンテンツの正直な評価を書いてます。

ブログ「正直に書きます」トップページへ

トップページでは上記で書いた記事へのリンクがあります