会社を辞めたいけど会社を辞められない9の理由

私が実際に会社を辞めたいと何度も思った経験、そして辞めた経験に基づいて

会社を辞めたいと思っても会社を辞められない9の理由を紹介していきたいと思います。

会社を辞めたいけど会社を辞められない理由

クリックするとその記事までジャンプします(ページ内リンク↓

1、親戚について

2、仕事の上司や後輩について

3、友達からについて

4、プライドについて

5、世間体の問題

6、両親についての問題

7、未来や転職先の事について

8、お金の事について

9、守るべきものについて

一番大事なもの

ページ内リンク↑

1、親戚の反応が気になってしまうで会社を辞められない

親戚の子供達にお年玉など渡してきたとしたら、会社を辞めてニートやアルバイト生活になってしまうと、金銭的にも精神的にも辛くなるのは目に見えているのです。

私の場合、大人になってからは親戚とは余り交流せず22才位で会社を辞めてしまっていたため、お年玉もあげた事がなく、そこまで気になる事はなかったのですが、やはりニートになると親戚とは会いたくなくなってくるのです。

2、仕事の上司や後輩からどう思われるのか気になる

会社を辞めるとしても辞表を出して、いきなり会社を辞められる訳ではないので、会社を辞めるまでの間は上司や後輩の反応が気になってしまうのです。

私の場合も会社に辞表を出してから実際に会社を辞めるまでの間、肩身の狭い思いをしたのを覚えています。

会社を辞めてからもその上司や後輩と私は会いたくはなかったので昔、通勤していた会社の周りをうろつかない様に心がけていたのです。

会社を辞めた後の上司や後輩の反応を考えると会社を辞められなくなる原因となるのです。

3、友達からニートの事を馬鹿にされたくはない

友達に日頃偉そうな事を言っていると、会社を辞めてニートになれば、後から友達にオウム返しのように反撃にあい、辛い思いをしてしまうかも知れません。

私は社会人としてまだ正社員になっていない友達に対して偉そうにしていたので、ニートになると正社員になった友達はオウム返しのように私に対して反撃をしてきたのです。

それを経験してから正社員だからといって友達に偉そうにしていた事を後になって後悔したのを覚えています。

4、プライドがあるのでニートやフリーターにはなりたくはない

プライドが高い方ほどニートやフリーターになりたくない気持ちは高くなってしまうのです。そんな人は転職先を決めてから会社を辞めるのが一番です。

確かに年を取ってからのアルバイトや派遣社員生活は肩身の狭い思いを何度も体験してきたので辛い事はあるかも知れませんが、

自分の体調の事を第一に空白の時期を作る事、自分合った働き方を考えるのも大事だと私は思うのです。

 

5、世間体が気になるので会社を辞められない

世間体を気にして会社を辞められない人は沢山いると思います。

転職をして正社員で働いていたとしても一旦会社を辞めてしまえば少しですが世間体は悪くなってしまうのです。

もちろんニート、フリーターならもっと世間体は悪くなってしまい、私が経験したアルバイトや派遣社員の数々の面接において世間からの評価がどうなってしまうのか?を実際に思い知らされてきたのです。

でも自分の人生なのですし、そこまで気にしすぎてしまうことはないと思います。

世間体は悪くなっても、誰かに迷惑をかけているわけではないのですから。

世間体が悪いまま生きてきた私が思うことですが、世間体が悪くても何かどこから苦情がくる訳ではないのです。

世間体よりも誰かに迷惑をかけない事の方が大事なのです。

6、両親の反対があるので会社を辞められない

正社員を辞めるのなら両親からの反対は受ける人がほとんどだと思います。

立派な仕事をさせる為に親は頑張って子供を育てていると言っても過言ではないのです。私も正社員を辞める時は両親から思い切り反対を受けました、しかも私は音楽をしたいと言ったのだから当然の親の反応なのです。

でも、他人と違い親であるなら、しっかりと自分の事情を話して頭を下げれば、いつかは許してくれる可能性は高いと私は思います。

7、転職先でまた1からやり直すのはいやだ

正社員から転職してまた正社員になったとしても、その環境は前よりも良くなる保証はどこにもない訳なのです。

私は派遣社員を二回経験していますが、明らかに初めの派遣された会社の仕事の方が自分に合っていて、二回目の派遣された会社の仕事は全く私に合っていなかったので私は一回目の派遣社員を辞めた事をとても後悔したのを覚えています。

さらに今まで覚えてきた仕事や築いてきた人間関係も一度リセットするわけなので、会社を辞められない大きな理由になるのです。

8、多額の借金があるので会社を辞められない

多額の借金があれば会社を辞められない理由になるのです。借金に関しては会社を勤める事においても重大なリスクを伴う為に借金を作らない方が良い事は明らかなのです。

借金返済が滞って勤めている会社に金融機関から連絡をされてしまうと、逆に会社を辞めさせられる事になってしまう場合があるのです。

9、守るべき家族がいるので会社を辞められない

守るべき家族がいるとお金が沢山いるので会社を辞められない理由になります。

子供や配偶者がいたら、自分が会社を辞める事に喜んで賛成してくれる家族はそうはいないでしょう。

だからといって、自分の体をないがしろにして働き続けるのも、家族を悲しませる結果をうむかも知れないのです。

健康第一だと私は思います

いじめられていたのでプライドの低い方ですし、結婚もしていなかった私でも会社を辞めるか辞めないか?は半年以上は悩みました。

でもどんな理由があろうとも、命と健康に勝る物はないものと私は思います。

会社を辞めたいのに辞められずに仕事を続けていると体がいつもとは全然変わってきます。

倦怠感、疲労感がとれない、胃が痛くなるなど。

そんな状態になっているのなら迷う事なく誰かに相談する事から初めた方が良いと私は思うのです。

仕事を何度も辞めた男が伝える会社を辞める10の理由(精神的ストレス)

転職を失敗した男が伝える仕事探し、ニート脱出する9つの注意点

私の人生を振り返ってみます(いじめ、会社辞める、ニート、引きこもり)

「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、派遣社員クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、ストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

あとゲームやコンテンツの正直な評価を書いてます。

ブログ「正直に書きます」トップページへ

トップページでは上記で書いた記事へのリンクがあります