悪い口コミから考察する就職エージェントを利用するリスク、注意点と対策

アフィリエイトをやっている身からすれば、就職エージェントを利用してほしいので悪い口コミについて強くは書かないようにする心理が働くのですが、

就職エージェントの悪い口コミに対しての注意点や対策などを書いていきたいと思います。

就職エージェントにある悪い口コミ

・自分の意図していない会社を紹介される

・会社を紹介してくれない

・高圧的な態度をとられた

・給料やボーナスなどの待遇が悪い

・ブラック企業を紹介された

まとめるとこのような悪い口コミがあります。これだけを見ていると就職エージェントは悪い印象を受けるとは思いますが

一つ一つじっくりと検証していきたいと思います。

自分の意図していない会社を(過度に)紹介される

これは実際に就職エージェントを利用するとある事だと思います。

もちろん最初は就職エージェント側も、求職者側の意向に沿って求人を紹介するのですが、

求職者側の職歴や学歴やスキル、年齢そして職場指定によって紹介できる企業も限られてきます。

そして、就職エージェント側の紹介出来る企業とと求職者側の意向が合わない時に、この事例は起きてしまう可能性があるのです。

就職エージェント側も何もボランティアで就職先を紹介する訳ではありません。

就職先を企業に紹介して労働者を入社させる事によって報酬をもらっているのです。

なので、就職エージェント側が提案として企業を紹介する事もあるし、ノルマをこなしたいエージェントが何とかしようと過度に就職先をオススメしてしまう事もあるのです。

自分の意図していない会社を紹介される事に対しての対策

就職エージェントもお金儲けの為にやっていることを十分把握しておく事が重要です。

もちろんお金儲けだけの為だけではなく、職歴やスキルや面談した際の性格を見極めてこちらの仕事をやるほうが良いと思ってエージェントがオススメする事もあるので、

特に職歴やスキルに自信のない人が就職エージェントを利用する際は

どこまで勤務地や給料など会社の条件を下げれるのか?も考え、

自分の意志や意向を固めて意図しない会社に就職してしまわないように就職エージェントを利用する事が重要です。

会社を紹介してくれない

このような口コミもありますが、上記で述べた事と同じようにスキルや職歴、年齢によって紹介できる求人は限られてきます。

就職エージェントが扱っている求人案件は非公開求人も含めて多数ありますが、非公開求人を公開してくれるのは、スキル、職歴など条件を満たしている人に限られてきます。

要はその会社への内定、入社の可能性が0の人には、その求人は紹介しないのです。

逆に言えば就職エージェントは内定の可能性がある人にだけ求人が紹介される訳です。

就職エージェントを利用すると、内定を貰える可能性が0の会社の書類作成などをする手間は省けるのです。

高圧的な態度をとられた

この悪い口コミも就職エージェントである口コミです。

これは特に20代をターゲットにした職種未経験、職歴なしでの就職エージェントを利用した際に多くあります。

そして大きく2つにそのケースを分ける事ができます。

一つ目は、職種未経験ならばあまり良い条件の良いものは少なくなってしまい求職者がこの条件を受け入れるのか?を悩んだりしている時に一押ししてくるケースです。

高圧的と捉える事も出来ますが、勇気がない人にとっては就職エージェント後押しが力になる場合もあるのです。

絶対に就職したいと意志は固く、でも誰かの後押しがほしいという人にはこのような就職エージェントも力になってくれると思いますが、

あまり人の後押しはいらないと言う人にはありがた迷惑として、悪い口コミの書き込みがされる事になります。

そして、2つ目が自分自身の成果に焦った就職エージェント担当者が強引に推し進めてしまうケースです。

企業を紹介するエージェントも、一人の人間であり仕事を成功させたいと思っている人間です。

絶対ではありませんがそういうケースは十分考えられる事なので、そういう事があることも想定する必要があるのです。

高圧的な態度をとられる事に対しての対策

これは就職エージェントの担当者によって対応は変わるため運もありますが、

このようなケースもあるということを頭に入れて、自分の意志をしっかり保ち、断る時はキッチリと断るが重要です。

給料やボーナスなどの待遇が悪い

これも特に20代をターゲットにした職種未経験、職歴なしでも利用できる就職エージェントで多くあります。

これは求職者がどれだけ給料を望んでいるのか?にもよりますが、

学歴、職歴、スキルがないほど条件が悪くなる可能性は高くなるのです。

給料やボーナスなどの待遇が悪い事に対しての対策

学歴、職歴、スキルがないほど給料や待遇が悪い可能性があるという事を十分に頭に入れて就職活動する事が重要になります。

でもその紹介された企業は主に20代などで若いからこそ紹介されたものであります。

もし1歳でも歳をとればもう紹介されない案件かも知れないのです。

もちろん20歳を超えて30代になれば紹介してくれない案件は沢山あります。

今の年齢しかない就職へのチャンスという事も頭に入れる必要もあるのです

そして就職するということは正社員であるというステータスを手に入れる事が出来ます。

正社員になりスキルを磨けば次の転職ではこれより条件がよい会社を探せる可能性があるのです。

正社員であるというステータスは派遣社員やアルバイトでは補う事はできません。

転職エージェントでは、正社員から正社員の転職を主に扱っているのです。

就職して正社員になるという事は今後の転職においてプラスになるという事を頭に入れておく必要があるのです。

ブラック企業を紹介された

ブラック企業を紹介されたという悪い口コミもあります。

株式会社で拠点も持っている就職エージェントならブラック企業を意図的に紹介しようとするエージェントは基本的にないと思います。(私はまず広告を出す時は株式会社であることと拠点があるのか?を一番に確認します)

株式会社でなく拠点もない、いつでも逃げる事が出来る会社であればそういう事をする可能性がありますが、

株式会社で全国に拠点も持っている会社がブラック企業を意図的に紹介してさまうと会社の信用を失い、今までの努力は全て吹き飛んでしまうからです。

でもそれは私の推測であり

紹介された求人が結果的にブラック企業だったという可能性はあるかも知れません。

急に企業の経営が悪化してブラック企業化する事も考えられるからです。

その可能性は少ないとは思いますが、ブラック企業であろうと無かろと紹介された企業はインターネットで口コミを調べる事も必要だと私は思います。

あとブラック企業の定義が曖昧な点もあげる事が出来ます。

給料が安いだけの理由でブラック企業と呼んでいる人も実際にはいました。

どちらにしても

インターネットでの口コミと就職エージェントからの情報をしっかりと照らし合わせて自分が働く職場の情報をつかむ事は、正社員になって後悔しないためにも重要な事だ私は思います。

就職するあたって一番大事なこと

就職するにあたって一番大事な事は、自分の意志をしっかり持って後悔のない会社の選択をすることだと思います。

その為には就職エージェントを利用しようと、普通に広告求人情報から就職しようと、自分の意図に沿った選択をする事だと思います。

でもやはり就職エージェントはその後悔のない選択をする為の手助けになるための膨大な情報やスキルを持っています。

この記事で紹介したようなリスクやデメリットを理解して就職エージェントを利用し、後悔してしまわない選択をする事をオススメ致します。

そして20代と若い世代であれば、少子化の影響などにより就職に有利になるため、

どうしても就職したいという人は今の若いという武器を失なう前に決断する事も必要だと思います。

ブログ「正直に書きます」ではニート、引きこもり、いじめ、パワハラ、会社辞める、クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、就職や転職の注意点についてやストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

トップページではこれらの記事へのリンクがあります