​クビ体験者が語る派遣社員で働く前に知っておきたい6つの注意点

私は昔、派遣社員をクビになりました、テレビで芸能人等が仕事やアルバイト等をクビになった話はたまに聞く時がありますが、そんな軽々しく言える事ではないと思います。私は派遣社員を契約解除されてとても傷つき心に相当のダメージを受けました。

そんな私が、派遣社員で働こうと考えている人に注意するべきところやデメリットをリアル体験を元に6つあげていこうと思います。

どこの会社に派遣されて働いたのかは、もちろん明かすことは出来ないので、仕事が自分に合って上司との関係もうまくいっていたA会社、仕事が全く自分に合わずに上司に怒鳴られまくったB会社として表していきます。

派遣社員で働く前に知っておきたい6つの注意点(クビの恐怖)

派遣社員とは

派遣社員とはまず派遣会社の社員として雇われてから派遣先の会社に派遣会社から派遣されて働くことになります。

派遣先会社から3ヵ月単位か6ヵ月単位で派遣社員契約を更新するのか?しないのか?を決める事ができる契約を初めに結んでいるので、いつでも契約終了(クビ)させられるリスクが伴ってくる。

派遣会社の社員とは初めの面接だけで、後はあまり会うこともなくそれほど重要では無かったと私は認識しております。

重要なのは派遣先の会社の直属の上司だと思います。この人が派遣社員の運命を握る重要人物になるのです。

1、派遣会社と派遣先の会社の面接が連続で2回ある場合がある

私の場合、派遣会社の社員になるための面接、派遣先の会社に派遣社員として働いても良いかを判断するための面接が2回ありました。

面接が2回あると知らなかった私は二時間かけて派遣会社に行き、面接を和やかな雰囲気で終わったのはいいが、そのあと派遣先の会社への面接に行かなければならいと聞いた時、とても焦ったのを覚えている。

そして派遣会社の社員と一緒に派遣先の会社へ電車に乗って1時間30分かけて面接に行ったのである。

(対策)事前に面接がどうなるのか調べておく

派遣会社を決めた時に、どこの派遣会社で採用されて、どこの会社に派遣されて働くのか?1回目と2回目の面接はどこでどのように行われるのか?もしっかり把握しておこう。

2、退職金やボーナス、交通費が出ない場合が多い

正社員がボーナスを貰える日の派遣社員の憂鬱

ボーナスは貰えない事は皆様もご存じかと思われますが、ボーナスを正社員が貰っている時の私の切なさ、悔しさは相当なものでした。そして正社員もそれを知ってか知らずか、その時だけは派遣社員とは遠い所で正社員同士だけで楽しそうに喋っているのです。

退職金やボーナス(賞与)ははほとんどの会社で出ないと思いますが、交通費は出るところもあると思います。

(対策)会社に必要とされる人間になる

私には出来なかった対策ではあるのだが、結婚して家庭を持っている派遣社員も結構いるのである。その人達は、とにかく仕事が出来そうな人達だったので時給も高くなっているのだろう、時給は仕事が出来て会社に必要とされる人物になればどんどん高くなっていき正社員になれる可能性も上がるはずである。

これは実体験ではないので強くは言えないのである。私はアルバイトでも派遣社員でも時給が上がった事は一度も無いのである。

3、派遣社員を下に見られる、派遣社員はいつでもクビにできる部下だ

社会的格差を感じる、身分がとても低く感じ惨めな思いをする。

ボーナスの時の派遣社員の惨めさは前にも述べたがそれ以外にも沢山ある

私がA会社で働いていた時、私に何度も仕事を急かしてくる上司がいた。正社員と同じ仕事をしている私は、その正社員と比べても無駄話はほとんどせず与えられた仕事を急いで頑張っているというのに何故だろうとこの時は疑問に思っていたのだ。

今ならその答えは分かるのである。派遣社員とは正社員から言いたい事を言いやすく、身分がとても低い立場におかれているのである。

直属の上司から見てみれば、上の者に一声、役に立たない部下だと報告してしまえば、派遣社員はいつでも首を切る事ができる部下なのである、自分と同じ正社員はどんなに嫌いで役に立たなくても自分の力でクビには出来ないのだ。会社を辞めるまで一緒に働いていく正社員同士は気を使うが派遣社員に気を使う必要などはないのである。

ここでいうクビとは契約終了を派遣先会社から切り出すことであり、もちろん違反ではありません。あと首と言っても契約終了までは働くことはできます。

そしてクビ体験の辛さを記事に書いてみました

 

4、直属の上司(職場の責任者)との人間関係が一番大事

あなたの運命を握る直属の上司

あなたに仕事を与え、直接仕事を教えてくれる直属の上司があなたのこの派遣社員として今後やっていけるかどうか?を左右する重要人物である事は間違いないであろう。

前にも述べたがいつでも貴方にクビを宣告できる人物なのだ。この人に素直に従い、仕事を頑張り、文句があっても言葉に出すのはやめておくほうが得策だと思える。

人間関係が良いと契約終了を先伸ばしにしてくれる可能性もある

B会社で働いていた時、私は二人いる直属の上司の一人とよく話すようになって仲良くなった、そしてその上司から言われたのである。

「何とか私が仕事で使えるようにしてやるので、もう少し様子を見ましょう」と私をクビにするかしないか?の会議でその上司はそのような事を言ったらしいのだ。仕事ではあまり使い物にならなかった私を首の皮一枚で何とか契約終了を食い止める事が出来たのである。

対策

契約解除されたくはなかったら、直属の上司と仲良くなることで、契約先伸ばしや仕事面で良いことがあるかも知れないのである。

でも私にとってはこのクビ先伸ばしによってもっと私の心をズタズタにしてしまった原因ともなったのだ。

5、正社員として採用されなければ派遣社員として三年以上は働けない

私は三年間派遣社員として働いた実績がないし、この事に関して詳しくはないのであるが私の意見として言わせて頂くと。

派遣先の会社に三年間以上派遣社員として働いて貰いたいのであれば、正社員にするように促すように新しく出来た法律なのではあるが、あまり良い法律だとは私は思わない。

派遣社員としてずっとやっていきたい労働者もいるだろうし、その三年経って正社員になれなかったら、次の会社を一から探さなくてはいけなくなるのだ。

そして時間給が上がっていたなら、また安い時給に戻ってまた一から仕事を覚えて働かなくてはいけなくなるこの制度はどうなのか?とはわたしは思っている。

この法律はまた変更される可能性は高いと考えているなので、これを読んでいる方でこの法律について知りたい方はどうかそのつどこの法律の最新情報を自分自身で調べて頂きたいと思います。

6、派遣社員契約を切られないようにするには、仕事が出来ることである

しっかり仕事が出来れば、上司との関係も良好に保てる

A会社で働いていた時は、仕事が自分に合っていたので仕事も順調にこなせていた。直属の上司に仕事を急かされる事はあったが文句を一切言わずに対応していた為、全体的にみて直属の上司との関係はうまくいっていたと思う。

派遣社員契約更新の通知が来た時、私は契約延長せずに仕事を辞めると直属の上司に伝えた時もとてもビックリした様子でその上司は残念そうにしていたのを覚えています。

仕事が出来なければ、契約更新期間を短く指定してくる時もある

A会社で働いていた時、派遣社員として一緒に入ってきた年下だけど私の事を呼び捨てにする男がいた。

その男は、その直属の上司の指示に対して素直に従わず、理屈ばっかり述べてその上司を困らせていた。

その男が契約更新通知書に6ヵ月更新と書いて提出したところ、3ヵ月しか更新出来ないと通知がきたのである。

相手の心が読めないので、はっきりとは言えないのだが派遣会社からの、すなわち直属の上司からの

「もうそのままだと契約更新出来ないよ」

とその男へのプレッシャーをかけているものだと、私は認識している。

その事に関してその男から何度も愚痴を聞いたのを覚えています。

派遣会社からの通知書だとしても、会社での仕事の出来る?出来ない?の情報元は全て派遣先会社の直属の上司からの情報なのです。

仕事が出来なければ容赦はない(職場いじめになる場合もある)

B会社で働いていた時、私は仕事は出来なかった。仕事が出来ないということはどういうことなのか?をわたしはこれでもかというほど思い知らせることとなった。

仕事が出来ないということは、会社に必要はない給料取りということである。そして派遣社員で契約中である限り、いきなり契約終了は出来ないのである。そうなると直属の上司は派遣社員に契約が切れるまでどういう態度をとるのか?ということなのだ。

わたしはとにかくこのB会社で怒りと苦しみや悲しみ、そしてとても惨めな思いを何度もしたのを覚えている。

これ以上のリアル体験についてはここでは書かないことにしようと思うのである。

(対策)仕事内容は自分自身に合っているのかを調べておく。

業種が同じだとしても、客対応するのか?しないのか?社内で仕事をするのか?社外で仕事をするのか?で仕事内容は全く変わってくるので、仕事を決める際には出来るだけしっかり事前調査して自分に合っているのかを確かめる。

まとめ、派遣会社は仕事内容に重点をおいたほうがよい

給料や待遇を気にするのは普通ではあるが、やはり派遣社員になるのであれば仕事内容に重点をおいたほうがよいと私は思う。仕事が出来るか出来ないかで天国と地獄のように全く違う体験をすることになるだろうと私は考えている。

仕事が出来ないのであれば派遣社員への扱いは直属の上司の性格と会社の方針によっては相当厳しくなるのではないのかと私は思うのだ。

逆に仕事が出来るのであれば、正社員への道は開かれるし、給料アップも見込める夢のある仕事だと言える。

私にとって派遣社員とはクビになったこととクビになる過程において苦しい思いをした強烈な体験があり、皆様は私より仕事は出来ると思うので大丈夫かと思うのだが、万が一にも首を切られるという恐ろしい体験はしてほしくはないので、こんなシリアスな記事になってしまいました

派遣社員は仕事ができないとパワハラを受ける理由

私の人生を振り返ってみます(いじめ、会社辞める、ニート、引きこもり)

私の人生を振り返ってみます(ニート、派遣社員、パワハラ、クビ)

このブログ「正直に書きます」ではニート、いじめ、パワハラ、会社辞める、派遣社員クビ、友達いない、自殺したい等の私の経験を正直に書いています。

そしてそれらのいじめ、パワハラ対策、ニート脱出、ストレス解消法、4コマ漫画等を書いています。

ブログ「正直に書きます」トップページへ

トップページでは上記で書いた記事へのリンクがあります